御供物調進所 かめや利平 | 落雁(らくがん)・打菓子・たまご煎餅 神社仏閣様の紋菓子店

  • お気軽にお電話ください。tel:0476-24-0180

  • お急ぎの方はこちらにお電話ください。

  • 叙勲・褒章ご受章者様へ・祝菓子カタログ

トップ > お菓子のご案内(神社仏閣様用) > お供え菓子 > お供え落雁の日持ちは購入前に気になりますね。

お供え落雁の日持ちは購入前に気になりますね。

お供え落雁の日持ちは購入前に気になると思いますのでお知らせいたします。

 

 

 

こんにちは、ご覧いただきありがとうございます。

 

湿度が高く、日中はエアコンなしに工場内の作業が難しいこの頃。

 

落雁生地も変わりやすい時期ですが、今月も頑張ります!

 

さて、先日もお客様からご質問をいただきまして、お電話でさまざまなケースを30分近くも説明させていただきました。

 

お供え落雁 五色の盛菓子の日持ちです。

 

通常は、直射日光に当たらないで湿度が多くない場所にお供えいただければ90日は大丈夫と申しています。

 

当店では防湿と防虫のためもありまして、和紙か透明フィルムで包装してお届けしています。

 

中には包装しないでお菓子をお供えされたい寺院様もございます。

 

できるだけ長くお供えされたい寺院様が多くおられます。

 

お気持ちはよ~く理解しています。

 

今までの経験からお供えされる場所の環境と季節、期間で菓子の状態が大きく変わってきます。

 

一般的に、

 

・包装の有無に関わらず、ほぼ屋外に供えられますと、白以外は色落ちの進みが早いです。

日光に当っているいる部分の菓子の色はほぼ白色に近くなっていきます。

当たっていない部分は色落ちは少ないです。

 

・6月の梅雨や台風の時期などは、包装が無いと菓子が水分を吸ってしまいグワグワな生地感になります。

 

・逆に、冬季(11月~2月頃)に屋内にお供えいただく場合はとても良い状態が長く続きます。

 

・本堂などで空調をきかせている寺院様では、長雨の時期でも良い状態でお供えいただける期間が長いです。

 

多くのお客様が年の主要な行事の前に交換されています。

 

正月や節分前、秋と春の彼岸前、盆前、その他特別な法要の際になります。

 

毎月のご縁日前に交換されるお客様もおられます。

 

どれくらいの頻度が良いとは一概に申し上げられません・・・

 

当店はできるだけ良い状態で長くお供えいただきたいと考えていますので、その都度丁寧にご説明させていただいています。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

■ 神社仏閣様のお菓子アドバイザー かめや利平㈱ 代表取締役 川村陽介

■ メールお問合せフォーム :  info@kameyarihei.jp

■ フリーダイヤル : 0120-353-180 平日 8:00~17:00

■ 携帯電話番号 : 080-3125-0341(24時間365日対応)
■ FAX : 0476-24-0891

 

☆ ご注文は100以下~幅広く対応しております。

 

☆ 対応地域:北海道、東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)、関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、山梨)、信越(新潟、長野)、中部(静岡、愛知、三重、岐阜)、北陸(富山、石川、福井)、関西(大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山、兵庫)、中国(岡山、広島、山口、鳥取、島根)、四国(香川、徳島、愛媛、高知)、九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)、沖縄

 

神社仏閣様の「絆づくり」をお手伝い!

かめや利平は「ご神仏」「参拝者やご信徒の方々」を大切にされている神社仏閣様を応援しています。

 

faceup_1