御供物調進所 かめや利平 | 落雁(らくがん)・打菓子・たまご煎餅 神社仏閣様の紋菓子店

  • お気軽にお電話ください。tel:0476-24-0180

  • お急ぎの方はこちらにお電話ください。

  • 叙勲・褒章ご受章者様へ・祝菓子カタログ

トップ > 愛され続ける5つの理由 > 「絆をつなぐ」御供物専門店として260年の信頼と実績

「絆をつなぐ」御供物専門店として260年の信頼と実績

御神仏のお菓子を清浄心で調製し参拝者に喜ばれるお供物を

 

IMG_0406亀谷堂は1751年に創業で、私の父で16代目、私で17代目になります。初代「かめや利平」が「かめや」を創業し、成田山門前にて茶店を開業したのが始まりです。明治25年には、当時の店主の川村利三郎の信仰が厚かったことから成田山御供物所の看板を正式に頂きました。

かめや利三郎さんをはじめご先祖は、毎日のように新勝寺様の朝護摩に上がったり、御供物は奉納として作っていた期間も長かったようです。2016年で創業265周年を迎えますが、かめやが続いているのもお客様を大切におもてなししてきたご先祖のお陰ですので、かめやの商い精神は引き継いで息子たちに伝えていきたいと思います。

 

最近よく思いますが、うちの商売は和菓子づくりですが単なる菓子でなく、神仏に献進される特別なものだということです。そして、日々を健やかに過ごしたいと願うご参拝者やご信徒の方々に渡されるわけです。中途半端な気持ちで工場に入って作れないですね。心を鎮めて、落ち着いた気持ち「清浄心」で打ち込む事が大切だと思います。そして、お喜びいただけるよう生地に「美味しくなれ」「ありがとうございます」と語りかけながら作るようにしています。特定の神様のお菓子には御真言を唱えることもあります。結局は、うちのお菓子を使われる神社仏閣様に来られる方々にお喜びいただき、益々多くの参拝者でにぎわい。ご参拝者のご家族が日々を健やかにすごし、多くの喜びの声が生まれる。そのような事を切に願っています。すなわち「絆づくり」がうちのお菓子作りです。

 

小御門神社様絆はもう一つあります。それは、僧侶の方や神官と御神仏との関係です。かめやで古くから作っているお供えで「清浄歓喜団」というお供えがあります。これは唐菓子の一種なのですが、歓喜天様という霊験新たかな神様に供えられます。このお団を作るときの緊張感といったらないですね。昔から女人禁制の調製で、お供えの名前の通り気持ちを鎮めて、邪念を排除してつくらないといけないのです。不思議な事に、時間が無くて早く終わりにしたいなと思うと、油で揚げているときにお団が破裂することもあります。

 

神社さんで祝詞が奏上され、お寺さんで読経されるように、私にとってお供物づくりは大切なお務めだと思っています。当たり前の事を当たり前に、「凡字徹底」でお菓子を作り、お役に立ち続けるよう精進したいと思います。

 

有限会社亀谷堂 常務取締役 川村 陽介