御供物調進所 かめや利平 | 落雁(らくがん)・打菓子・たまご煎餅 神社仏閣様の紋菓子店

  • お気軽にお電話ください。tel:0476-24-0180

  • お急ぎの方はこちらにお電話ください。

  • 叙勲・褒章ご受章者様へ・祝菓子カタログ

トップ > 愛され続ける5つの理由 > 寺社業界に精通し用途ごとに最善の提案ができる

寺社業界に精通し用途ごとに最善の提案ができる

豊富な経験と丁寧なヒアリングから生まれる親身なご提案

 

140430_KYD071_12M何が最善かは難しいのですが、まずはご相談されることを注意深くお聞きすることが大切だと思っています。その中で、うちの技術や経験から何をご提案できるか、そしてご満足いただけるかです。神社仏閣様も十人十色ですので、時代の変化、内部外部環境の変化で御供物の好みや方針など変わったりもします。ご信徒さんからのお声で変わる場合もあるし、宮司さんやご住職さんの代で変わる場合もあります。

 

うちのメイン商品は落雁であり、古くから神社仏閣様で用いられています。数多くのお菓子がありますが、紋がきれいに入り、美味しく日持ちがする菓子は少ないと思います。慶事や仏事などできれいに着色する事も可能です。仕事柄多くのお供物を拝見する事があり、飴や瓦せんべいなどもありますが、落雁をはじめとした打菓子が最も多いと思います。

 

606168神社仏閣様には年間を通してさまざまな行事があります。例えば、春と秋の彼岸法要、施餓鬼法要、ご縁日、例大祭、献茶式などです。また、神社様の式年大祭・遷宮、寺院様の御開帳や落慶記念などのように数十年に1回のものまであります。当店では、今まで培ってきた経験から、原料、味、大きさや季節、行事内容などを考慮して最も喜んでいただけそうな菓子を提案しています。その際は、1種類だけでなく、必ず価格別や種類別に数種類は提案するようにしています。総代会などの話し合いの中のさまざまな意見に対応できるようにするためです。

 

祈祷の待遇品としての御供物は、初穂料に対していくらまでという予算もあると思います。100円以下、200円位などのように価格で相談いただくこともあります。増えているご相談の一つが日持ちです。年間を通して参拝者にお渡しされますが、季節により参拝数に変動があるので賞味期限表示はどうするかといったご相談があります。最近では、おじいちゃんおばあちゃんが御供物をもらい子供さんたちが食べる場合のアレルギーの問題などもあると思います。いつも安心してお渡しできて、食べて美味しい落雁を提供すべく、親身に相談にのり、個々の状況の中で最もお役に立てる提案をするよう努めています。

 

有限会社亀谷堂 常務取締役 川村 陽介