御供物調進所 かめや利平 | オリジナル落雁(らくがん) たまご煎餅の製造販売

  • i個人のお客様向けオンラインショップ

  • お気軽にお電話ください。tel:0476-24-0180

トップ > お菓子のご案内(社寺の皆様) > 職人だより117 「冷凍水無月 解凍時間の目安について」

職人だより117 「冷凍水無月 解凍時間の目安について」

職人だより117 「冷凍水無月 解凍時間の目安について」

 

最近日がだいぶ長くなりましたがそれもそのはずもう1週間程で夏至ですね。工場の作業着が長袖から半袖に切り替わり、ひとまず扇風機と換気扇で暑さ対策を開始しているところです。日によっては屋内の気温も昼頃から厳しくなってきてますがまだ許容範囲といったところです。例年は梅雨入りの時期ですが千葉は雨の日が少なく比較的すごしやすいです。

 

夏季例祭や大祓菓子の準備をしたり合間に水無月を作ったりと通常の6月の作業風景ですが、今年は祝典の紋菓や早くもお盆のご注文をいただきはじめています。昨年の秋に販売開始した白蜜せんべいも定番でご使用いただき始めていて在庫もうまく回転している状況です。

 

当然ながらいろいろなお好みのお客様がいらっしゃいますので、商品内容は仕様や内容量を含めて定期的に確認して増やしていく方針でいます。最近のお問い合わせからはプリントできる和三盆らくがん、くず湯の45ミリは段階的に取り扱う予定でいます。もうしばらくお待ちください。

 

大祓で振舞っていただいています水無月は冷凍でお届けしていますのでご使用前に解凍いただく必要があります。冷蔵は品質が落ちるのでおすすめしていません。先日に解凍時間のお問い合わせがありましたので、念のため再度解凍時間を計測しました。場所は室内で常温(温度25℃)の場合、約2時間半~3時間で自然解凍して召し上がることができます。冷たい水無月が良い方は1時間半ほど解凍してお召し上がりください。冷たい水無月も美味しいです。

 

冷凍水無月の解凍時間 2時間半程度(室温25℃の場合)

 

※当然ながら気温が上がれば解凍時間は短くなり、下がれば長くなります

 

 

一年でこの時期しか作ることがないので楽しみにされている方がいらっしゃいます。お楽しみください。

 

 

【解凍前の水無月】

 

 

「つながる菓子作り」を大切にしています

 

■ 御供物調進所 かめや利平㈱

■ メールお問合せ :  info@kameyarihei.jp

■ TEL : 0476-24-0180 平日土曜 8:00~17:00 日曜祝日定休

■ FAX : 0476-33-3047