御供物調進所 かめや利平 | オリジナル落雁(らくがん) たまご煎餅の製造販売

  • i個人のお客様向けオンラインショップ

  • お気軽にお電話ください。tel:0476-24-0180

トップ > お菓子のご案内(社寺の皆様) > 職人だより31 「名号のたまご煎餅 南無阿弥陀仏」

職人だより31 「名号のたまご煎餅 南無阿弥陀仏」

職人だより31 「名号のたまご煎餅 南無阿弥陀仏」

 

 

10月下旬にさしかかり暦上は「霜降」で秋も末となり霜が降りる時節。毎日製造記録をとっていて気温と湿度を計測していますが、製造所はこの所21-22度でお菓子を作りやすい気候になっています。ただ、晴れの日は湿度が一気に下がるので生地が乾燥しやすいこの頃、これから冬にかけては原料によっては要注意なのです。

 

お客様によっては即位礼のお菓子の納入も完了しました。22日の即位礼正殿の儀には国内外から約2000人が参列されるそうですね。一世一代の行事ですので式典など行われるお宮様も多いと思います。恙なくご斉行されますことお祈りしております。

 

秋が深まるに連れて正月用商品の準備ペースが上がっていきます。今年は昨年より早めに準備スタートして今の所順調に進んでいます。11月を前に浄土真宗の報恩講のお菓子のお問い合わせをいただくようになっています。華束に貼付けるらくがんの他、門徒さんに渡されるお供物では西六条下り藤45ミリ2個入り、60ミリ2個入り、赤えんどう製長形報恩講2枚・3枚・4枚入りのご用命があります。また、たまご煎餅4枚箱入りでは、西六条下り藤が茶色で入っているお煎餅が定番となっています。

 

昨日は新しいお問合せで浄土真宗のお寺様からでしたが名号入りのお菓子を探されていました。報恩講で「南無阿弥陀仏」が入ったお菓子を配りたいとのご希望でした。早速試作して茶色と赤色の文字で仕上げています。

 

「南無阿弥陀仏」の他にも、真言宗の「南無大師遍照金剛」、曹洞宗や臨済宗の「南無釈迦牟尼仏」、日蓮宗の「南無妙法蓮華経」などでもお作りいたしますのでお知らせください。

 

これからもお客様のご希望を一つ一つ形にしていけたらと思っています。当店の出来る範囲ですがお役に立てるよう努めていきます。

 

「つながる菓子作り」を大切にしています

 

■ 御供物調進所 かめや利平㈱

■ メールお問合せ :  info@kameyarihei.jp

■ TEL : 0476-24-0180 平日土曜 8:00~17:00 日曜祝日定休

■ FAX : 0476-33-3047