御供物調進所 かめや利平 | 落雁(らくがん)・打菓子・たまご煎餅 神社仏閣様の紋菓子店

  • お気軽にお電話ください。tel:0476-24-0180

  • お急ぎの方はこちらにお電話ください。

  • 叙勲・褒章ご受章者様へ・祝菓子カタログ

トップ > ご紋 菓子型 > 洲浜(すはま)の紋 和菓子・オリジナル落雁 【お供物・撤下神饌・茶菓子】

洲浜(すはま)の紋 和菓子・オリジナル落雁 【お供物・撤下神饌・茶菓子】

2015/12/09

カテゴリーご紋 菓子型

こんにちは、千葉県成田市で和菓子の落雁をお作りしています亀谷堂の川村陽介です。

 

12月も2週目に入り、忘年会のシーズンですね。

 

飲み過ぎにはご注意くださいませ♪

 

一昨日は成田山新勝寺様の出入商の会の忘年会でした。

 

この日を迎えると「もうすぐ正月が来るんだな~」と実感してしまいます。

 

地元成田の門前町は新勝寺様のお陰で多くの初詣客で賑わい、大変活気づきます。

 

後り数週間の本年を何事もなく平穏に過ごし、正月を迎えたいものです。

 

さて、今回は「洲浜(すはま)の御紋」です。

 

洲浜とは三角州にできる洲渚(しゅうしょ)のことで、文様となったのは仙人が住むという蓬莱山の仙境を模して祝賀の際に作られた台です。

 

初見は「太平記」で比叡山を攻める足利軍の中に見られます。

 

洲浜台は後世に至っても祝賀の席などで使用され端祥的な意義により文様から家紋になったと考えられています。

 

【洲浜の紋いろいろ】

洲浜、丸に洲浜、朧洲浜(おぼろすはま)、真田割洲浜(さなだわりすはま)、丸に組洲浜、違い洲浜(ちがいすはま)、総陰丸に洲浜、三つ盛り洲浜、比翼洲浜(ひよくすはま)、中陰洲浜、丸に尻合せ三つ洲浜、丸に蔓三つ洲浜、等々

 

marunisuhama-450x450

mitsumorisuhama-450x450

marunishiriawasemitsusuhama-450x450

marunitsurumitsusuhama1-450x450

 

当店では「洲浜(すはま)の紋」をデザインした落雁を承っています。

 
新しく菓子型をお作りする場合は、包装材料や包装機の関係で以下の大きさをお勧めしています。

 

1 円形 菓子サイズ φ 4.5~4.8cm、厚み 0.8cm程度

 
2 円形 菓子サイズ φ 5.8~6.0cm、厚み 0.8cm程度

 
3 長形 菓子サイズ 長辺 5.9、短辺 2.3、厚み 0.6 cm程度

  この長形は、長方形菓子の中央に紋を彫刻しています。

 
厚さが薄目のものが主なのは召し上がる際に、1cm以下の方が食べやすく食感が良いからですね。また、型費用や原料の特性などを考慮しておすすめもしています。

 
亀谷堂は「口中にひろがる上品な甘さと素朴な旨さ」を大切にしています。

 

■ 紋菓子・落雁アドバイザー (有)亀谷堂 常務取締役 川村陽介
■ メールお問合せフォーム :  https://kameyarihei.jp/contact/
■ ホームページ : http://www.kameyado.com

■ フリーダイヤル : 0120-353-180 平日 8:00~17:00

■ 携帯電話番号 : 080-3125-0341(24時間365日対応)
■ FAX : 0476-24-0891

 

☆ 落雁/打ち物/打菓子/餡入り・生らくがん/清浄歓喜団・お供え菓子
神社仏閣様の落雁専門です!御供物や撤下神饌、お茶菓子・献茶菓から記念品まで幅広くご対応しています。

 

☆ オリジナル菓子型製作(木型、樹脂型、機械樹脂型)、オリジナル箱・袋製作

 

☆ 対応原料:米粉(みじん粉、寒梅粉等)、赤えんどう粉(栗風味の落雁)、和三盆糖、麦こがし(はったい粉)、葛粉、抹茶、玄米、塩がま(赤しそ・ゆかり)、きな粉、さつまいも、紫いも、黒糖、その他オリジナル調製

 

☆ 熨斗・名入れ印刷も幅広くご対応しております。

  神社様:御神饌、御神供、撤饌、御供物、お供え、上など
  寺院様:御供物、記念品など

 

☆ ご注文は100以下~数十万まで幅広く対応しております。

 

☆ 対応地域:北海道、東北(青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島)、関東(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、東京、山梨)、信越(新潟、長野)、中部(静岡、愛知、三重、岐阜)、北陸(富山、石川、福井)、関西(大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山、兵庫)、中国(岡山、広島、山口、鳥取、島根)、四国(香川、徳島、愛媛、高知)、九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)、沖縄

 

<神社仏閣様の「絆づくり」をお手伝い!>
ご参拝者・ご信徒・氏子・崇敬者の方々が「日々健やかに心豊かに過ごされますよう」お祈り申し上げます。

 

faceup_1